【Android】音量バーをカスタマイズ!iPhoneや最新スマホの見た目にできるVolume Styles

https://nojihata.com/wp-content/uploads/default.pngorたん

今回もAndroidカスタマイズ!どうもorたん(@ortan_11)です!

前回はAndroid上部メニューをカスタマイズしました。今回もAndroidのカスタマイズ。音量ボタンを押すと出てくる音量バーをカスタマイズしていきますよ。

前回に引き続きアプリをインストールして少し設定をするだけなので、とても簡単にカスタマイズが終わります。

アプリをダウンロード

Volume Styles ー ムスタイル-ボリュームスライダーをカスタマイズする

Volume Styles ー ムスタイル-ボリュームスライダーをカスタマイズする

Tom Bayley無料posted withアプリーチ

Volume Stylesは音量調節バーの色や位置、テーマを適用して好きなデザインにカスタマイズできるアプリです。
Androidはもちろん、iosやWindows10風にカスタマイズすることができますよ。

アプリの初期設定

画面の指示に従って、ユーザー補助(アクセシビリティ)の権限を与えます。

トップ画面右上開始ボタンを押す
ユーザー補助(アクセシビリティ)を押す
Volume Stylesを選ぶ
許可を押す

デバイスのフルコントロールを許可し、アプリに戻る

1.開始を押す
3.選択:Volume Styles
2.押す
4.許可を押す

これで初期設定は完了です。以下のように上部メニューが最新のデザインのようになりました。

Androidテーマ

表示をカスタマイズ

テーマを変更してみる

トップ画面(スタイル)から、好きなテーマに変えることができます。下に一例を示します。

  • Android
  • iOS
  • One UI 2
  • RGB
  • Wave
  • ColorOS 6
  • OxygenOS
  • EMUI
  • Windows10

これでもほんの一部です。ほかにもたくさんのテーマがありますので、気に入ったテーマを探してみてください。

Windows10風
IOS風

色や大きさを変える

スタイル設定では音量バーの見た目を調整することができます。

  • アクセントカラー
  • 背景色
  • ダークモードと連動するか
  • パネルの位置(右か左)
  • 角の丸み
  • スライダーの長さ
  • スライダーの厚さ

完全に好みの範囲ですが、個人的にダークモードと連動させると目に優しいので有効化しています。
色はグラデーションにもできるので、かなり細かくカスタムできますね。

グラデーションについて

きれいなグラデーションの配色の見本が載っているサイトを使うと便利です。

色を選ぶとき、右下の#の後に英数字を入れることで適用できます。

WebGradients

その他設定など

バックアップを取ろう

たくさんカスタマイズしても、機種変更やデータ消失で内容が消えてしまうかもしれません。
そこで、バックアップを取っておくことをお勧めします。

高度な設定からバックアップ・リストアを選択
バックアップを選択
名前(なんでもOK)を入力

以上で完了です。

バックアップを復元しよう

バックアップしてデータを復元する方法は以下の通りです。

高度な設定からバックアップ・リストアを選択
リストア(復元)を選択
バックアップデータが表示されるので選ぶ

以上で完了です。表示されないときはブラウザボタンから探してみてください。

まとめ

今回はAndroidカスタマイズ第二弾、音量パネルのデザインを変えるアプリ、Volume Stylesをご紹介しました。前回の記事と合わせてカスタマイズすれば見栄えがもっとアップしますね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA