相手に伝わりやすい文章を考える

ネット上で相手とやり取りするとき、文字でのやりとりが大半かと思われます。

日本語は難しい言語ですので、少しでも文法を誤ると別の意味合いにとられてしまいます。

伝わりやすい文章のポイントについて、僕が普段から気をつけていることをいくつか挙げます。

ぜひ、参考にしてください。

5Points

根拠を明示する

根拠とは、“もと”となる理由のことで、根拠が示されていない文章は意味が伝わりません。

僕は算数が嫌いです。なぜなら難しいからです。

こんなあやふやな文章では、意味は伝わりません。根拠が示されているとは言えません。

僕は算数が嫌いです。なぜなら掛け算が苦手だからです。

下の文章は根拠が示されているため、明らかに説得力が増しています。

文章は簡潔に書く

私が今回紹介するのは、機能がとてもあってかんたんに入れられて、初心者でもかんたんにできるような、素晴らしいスーパープラグインというものです。

少し大げさですが…

たらたら長い文章を書いていても、何を書いているのか全くわかりません。

長すぎず、読みやすい適正な字数で文章をかきましょう。

句読点を含める

あのすいません質問なんですがfree potatoというアドオンがエラーで動かないので直す方法を教えてくださいお願いします

句点(。)と読点(、)が無い文章はたいへん読みづらく感じます。

使う場所のルールは一応存在しています。

しかし、万人が読みやすいと思う位置に、柔軟に句読点をいれることをおすすめします。

句読点を入れすぎない

句読点を入れすぎても読みづらくなります。

適切な量を考えて句読点を挿入してください。

主述の関係を考える

主語と述語を繋げないと、おかしな文章になってしまいます。

何度も文章を推敲し、完成度を高めていくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です