【PMMP】画面上にステータスを表示するプラグインの導入の仕方を解説

https://nojihata.com/wp-content/uploads/normal.svgのじはた

こんにちは。のじはた(@ortan_11)です。

今回は画面上にステータスを表示する方法をご紹介します。

のじはた

今回やること
この画像のようなステータスを追加します。

NJH

色々なサーバーで見かけるね
それだけ便利なんですよ!

のじはた

プラグインのダウンロード

ダウンロードするプラグイン

statusscreen-alpha

MCBE Forum

プラグインの機能

  • 棒でどこかを叩くとスポーン地点へワープすることができる。
  • ワープ機能をもつアイテムは棒以外にも指定できる。(後述)
  • 名前、座標、方位、オンライン数、所持金、現在時刻、アイテムID、アイテム名を表示することができる。

なお、このプラグインでは、Economysの所持金を表示できます。

ワンポイント

棒のアイテムIDは280:0です。

ワープ機能を持つアイテムを変更する

棒でどこかを叩くとスポーン地点へワープすることができる機能がありましたが、棒以外にも設定することができます。

それでは実際に設定していきましょう。

STEP1
FTPに接続
設定ファイルを編集します。

statusscreen-alphaの設定フォルダを探し、その中にあるSetItem.ymlを編集します。

SetItem.yml
---
スポーン地点アイテム: "280"
...

“”に囲まれた部分の数字を書き替えることで、棒以外のアイテムに設定することができます。

例えば、松明(松明)にしたい場合は、松明のidが50なので、以下のように書き換えます。

SetItem.yml
---
スポーン地点アイテム: "50"
...

MoneySystemの場合

先程紹介しましたプラグインは、MoneySystemには対応していません。そこで、MoneySystem専用のステータスプラグインを使用します。

プラグインのダウンロード

ダウンロードするプラグイン

ViewStatus
MCBE Forum

このようなステータスを表示することができますよ。

プラグインの機能

  • 名前、座標、オンライン数、所持金、現在時刻、アイテム名、アイテムID、PINGを表示することができる。

最後に

いかがでしたか?様々なプラグインを活用して、サーバー生活を楽しましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

リクエストお待ちしております!

記事のリクエストは常時受け付けています!

お問い合わせ種別は記事のリクエストをお選びください。

リクエストはこちら

2 COMMENTS

のじはた

こんにちは。コメントありがとうございます(*´˘`*)♡

このプラグインは、マルチプレイをするためのソフトの「PMMP」で使えるプラグインです。
iosのMinecraft単体に導入することはできません。
PMMPの環境をお持ちであれば、iosでもPMMPにプラグインを導入することはできます。

よろしくお願いします(_ _)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA