【徹底解説】ConoHa VPSでマイクラサーバーをめっちゃ簡単に建てる方法(BE·統合版)

みなさん、マイクラのマルチプレイはどのようにプレイしていますか?

色々調べたけど難しすぎてよくわからないなんてこと、よくありますよね。

RealmsやAternosなど様々なサービスが存在する中ですが、今回は知識不要でわかりやすいマルチサーバーの建て方を簡潔にわかりやすくご紹介します。

まずはお試し1か月

orたん
orたん

いま上のリンクから申し込むと、700円クーポンでお試しできます!!

そもそもマルチプレイサーバーとは?

何人かののユーザーがサーバーに参加する

Minecraft BE(PE)でマルチプレイ(二人以上で遊ぶ)をするには、事前にマルチプレイサーバーを用意することが必要です。

プレイヤーがサーバーに参加する(入る)ことで、複数人でのマルチプレイを楽しむことができます。

初心者におすすめのサーバーは?

ConoHa VPSがおすすめです。初心者でもわかりやすいシステムなのが重要なポイントでしょう。
最低利用期間がないため、遊びたいときにだけ使うなんてこともできますね。

ココがみどころ
  • 初心者に優しい
  • わかりやすいコントロールパネル
  • 設定の変更がかんたん
  • 高性能

さっそくサーバーを建ててみよう

さて、説明はこのくらいにして実際にサーバーを建ててみましょう。
ConoHa VPSのサイトへアクセスし、今すぐお申し込みを押します。

1.アカウントの作成

ConoHaを使ったことがある方はログイン、初めての方は新規登録をしていきます。

もっとくわしく初めて使う方 新規登録

初めて使う方は、新規登録をします。名前や住所を入力します。

書く内容
  • 名前
  • 性別(任意)
  • 生年月日
  • 住所
  • メールアドレス
  • パスワード

※年齢制限はないので、学生さんでもOKです。

※2,3年くらい登録してますが郵便物は家に来ません、お知らせはメールアドレスに来ます。

2.電話/SMS認証

スマホ・携帯電話を契約している方は、電話番号を入れて音声(自動音声がかかってきます)またはSMSで送信される認証コードを入力します。

スマホなどがない場合は家の固定電話でも登録できます。電話認証を選んで、かかってくる自動音声の番号を入力します。

3.お支払方法の設定

クレジットカード、ConoHaチャージ、ConoHaカードが利用できます。
クレジットカードをお持ちでない方は、下で解説するConoHaチャージがおすすめです。

もっとくわしくConoHaチャージ

ConoHaチャージは、チャージした分だけ使える支払方法です。クレジットカードはもちろん、PayPalやAmazon Pay、コンビニ支払いにも対応しています。

対応しているコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • デイリーヤマザキ 

※クレジットカードが使えない方におすすめです!

4.プランを選ぶ

たくさんプランがあってわかりにくいですね。この記事ではおすすめを紹介します。
VPS割引きっぷは、数か月分先払いすることで割引が受けられます。長く使うことが決まっている方は、VPS割引きっぷのほうが断然オトクです。(3か月分で割引)

まずは試してみたい、そんな方には1GBないし2GBのプランをお勧めします。動作が重かったりする場合にはあとからプラン変更も可能です。

5.統合版かJava版か選択

お使いのマインクラフトに合わせて選択します。プレイする相手と同じバージョンを選択する必要があります。

BE(統合版)とJava版(PC版)の違い

BE(統合版)・・・スマホやWindows10版、Switch、PS
など

Java版(PC版)・・・MODなどが入れられる,Minecraft Launcherから起動するマイクラ

サーバーの作成完了

お疲れさまでした。下の画像のように契約したサーバーが表示されれば完了です。

サーバーに入ってみる

これでサーバーが完成しました。それでは実際にサーバーに入ってみましょう。

おおまかにいうとこんな感じ

  1. コントロールパネルから先程作ったサーバーを選択します。
  2. ネットワーク情報を開いてIPアドレスを確認します
  3. Minecraftを起動してサーバーに入る
  4. 完了!!!

それでは1つ1つ見ていきます。

1.コントロールパネルを確認

ConoHaのコントロールパネルにログイン、左上の サーバーを押してサーバーリストを表示します。

次に、契約しているサーバーを選択します。

サーバーの管理画面が出てくるので、のネットワーク情報を押します。
赤枠で囲われたIPアドレスを確認してください。

2.Minecraftにサーバーを追加

サーバー

まずはこの画面、一番右のサーバーまで行きます。
次に、画面左側を下にスクロールすると現れる、サーバーを追加を押します。

サーバー追加

すると3つの項目があるので、それぞれ記入していきます。

サーバー名自由
サーバーアドレス先程確認したIPアドレス
ポート19132(変更不要)

入力し終えたら保存を押して終了です。

これでサーバーに入ることができました。
サーバーに入れなかった方は、サーバーがオンになっているか確認してみてください。

動画でおさらい

サーバーに入る方法を48秒で動画にしました。

Minecraft managerの使い方

ConoHa VPSでは、誰でも簡単にゲームモードの変更やバックアップができるMinecraft managerを使うことができます。

ConoHaのコントロールパネルにログイン、左上の サーバーを押してサーバーリストを表示します。

次に、契約しているサーバーを選択し、左上のMinecraft管理を押します。

ログインが求められますので、ユーザー名は「root」、パスワードはVPSの初期rootパスワード(サーバーを作るとき自分で決めたもの)を入力します。
これでログインは完了です。Minecraft managerでできることは以下の通りです。

  • バージョンアップ
  • 自動バックアップ
  • ゲームモード変更
  • 難易度変更
  • ワールドタイプ変更
もっとカスタマイズ

さらにカスタマイズをするにはFTPなどでserver.propertiesを編集します。詳しくは下のリンクからごらんください。

例)サーバー名の変更・ホワイトリストの有効化

server.propertiesを編集しよう BDS編 【BDS】server.propertiesを編集してサーバーの設定を変える

まとめ

今回は最近人気のVPS、ConoHa VPSでマイクラサーバーを作る方法を解説しました。個人的な感想として、自動バックアップ機能や安定した高速な国内サーバーなど価格以上のパフォーマンスを発揮していると感じました。

また、Minecraftテンプレートによりインストールなどの手間いらずで、初心者でも簡単にサーバーが作れます。この機会に試してみてはいかがでしょうか。

まずはお試し1か月

コメントを残す

お気軽にコメントをどうぞ。こっそり聞きたいときコンタクトTwitterへどうぞ

CAPTCHA