【BDS】server.propertiesを編集してサーバーの設定を変える

server.propertiesを編集しよう BDS編

今回は、BDSの設定ファイル、server.properties(サーバープロパティー)の設定について解説していきます。

MiRmでも内容は同じになります。

関連

server.propertiesの編集の仕方、pmmp編はこちらからご覧ください。

server.propertiesとは

サーバーの各種設定を変更できるファイルです。

このような内容が書かれています。

MiRmの場合、FTPでファイルアクセスをすることで編集できます。編集が終わったら上書き保存しましょう。

server.properties
server-name=Dedicated Server
# Used as the server name
# Allowed values: Any string

gamemode=survival
# Sets the game mode for new players.
# Allowed values: "survival", "creative", or "adventure"

difficulty=easy
# Sets the difficulty of the world.
# Allowed values: "peaceful", "easy", "normal", or "hard"

allow-cheats=false
# If true then cheats like commands can be used.
# Allowed values: "true" or "false"

max-players=10
# The maximum number of players that can play on the server.
# Allowed values: Any positive integer

online-mode=true
# If true then all connected players must be authenticated to Xbox Live.
# Clients connecting to remote (non-LAN) servers will always require Xbox Live authentication regardless of this setting.
# If the server accepts connections from the Internet, then it's highly recommended to enable online-mode.
# Allowed values: "true" or "false"

white-list=false
# If true then all connected players must be listed in the separate whitelist.json file.
# Allowed values: "true" or "false"

server-port=19132
# Which IPv4 port the server should listen to.
# Allowed values: Integers in the range [1, 65535]

server-portv6=19133
# Which IPv6 port the server should listen to.
# Allowed values: Integers in the range [1, 65535]

view-distance=32
# The maximum allowed view distance in number of chunks.
# Allowed values: Any positive integer.

tick-distance=4
# The world will be ticked this many chunks away from any player.
# Allowed values: Integers in the range [4, 12]

player-idle-timeout=30
# After a player has idled for this many minutes they will be kicked. If set to 0 then players can idle indefinitely.
# Allowed values: Any non-negative integer.

max-threads=8
# Maximum number of threads the server will try to use. If set to 0 or removed then it will use as many as possible.
# Allowed values: Any positive integer.

level-name=Bedrock level
# Allowed values: Any string

level-seed=
# Use to randomize the world
# Allowed values: Any string

default-player-permission-level=member
# Permission level for new players joining for the first time.
# Allowed values: "visitor", "member", "operator"

texturepack-required=false
# Force clients to use texture packs in the current world
# Allowed values: "true" or "false"

content-log-file-enabled=false
# Enables logging content errors to a file
# Allowed values: "true" or "false"

compression-threshold=1
# Determines the smallest size of raw network payload to compress
# Allowed values: 0-65535

server-authoritative-movement=server-auth
# Allowed values: "client-auth", "server-auth"
# Enables server authoritative movement. If "server-auth", the server will replay local user input on
# the server and send down corrections when the client's position doesn't match the server's.
# Corrections will only happen if correct-player-movement is set to true.

player-movement-score-threshold=20
# The number of incongruent time intervals needed before abnormal behavior is reported.
# Disabled by server-authoritative-movement.

player-movement-distance-threshold=0.3
# The difference between server and client positions that needs to be exceeded before abnormal behavior is detected.
# Disabled by server-authoritative-movement.

player-movement-duration-threshold-in-ms=500
# The duration of time the server and client positions can be out of sync (as defined by player-movement-distance-threshold)
# before the abnormal movement score is incremented. This value is defined in milliseconds.
# Disabled by server-authoritative-movement.

correct-player-movement=false
# If true, the client position will get corrected to the server position if the movement score exceeds the threshold.

各種設定の変更

それでは、1つずつ設定を見ていきます。

server-name

motdには、サーバーの名前を入力します。

server-name=Example Server [MiRm-BDS]

上のように表示されるものですので、目を引く文字、色をつけると良いですね。(仕様上外部接続の場合表示されません)


こちらのサイトを使えば、簡単にmotdに色を付けたり太字にすることができます。

gamemode

gamemode=survival

ゲームモードを選択します。特に変更する必要はありません。

  • survival(0)
  • creative(1)
  • adventure(2)

のなかから1つ選びます。かっこ内の数字で代用可。

difficulty

difficulty=member

難易度を選択します。コマンドからも変えられます。かっこ内の数字で代用可。

  • peaceful(0)
  • easy(1)
  • normal(2)
  • hard(3)
もっと詳しく

peaceful······Mob(敵など)が湧きません。また、体力は自動で回復、満腹度も減りません。

easy······Mobが湧きます。満腹度が減るようになります。

normal·······Mobが湧きます。攻撃度や満腹度の減少は標準です。

hard······ハードです。全体的に難易度が増します。ノーマルでは物足りない方に。

allow-cheats

allow-cheats=true

チートの使用を許可するか選択します。
有効化するにはtrue 無効化するにはfalse と入力します。

max-players

max-players=50

入ることのできる最大人数を設定します。

online-mode

online-mode=false

trueの場合、接続されている全てのプレイヤーがXbox Liveの認証を受けなければなりません。
この設定に関わらず、リモート(LAN以外の)サーバーに接続しているクライアントは、常にXbox Live認証が必要です。

サーバーがインターネットからの接続を許可している場合は,、オンラインモードを有効にすることを強く推奨します。

有効化するにはtrue 無効化するにはfalse と入力します。

white-list

white-list=false

ホワイトリスト機能の有効・無効を選択します。
有効化するにはtrue 無効化するにはfalse と入力します。

MiRmではここからは変えられません。以下記事を参照してください。

server-port

server-port=19132

1から65535までのあいだで設定します。特に変える必要はありません。

server-portv6

announce-player-achievements=o

1から65535までのあいだで設定します。特に変える必要はありません。

view-distance

view-distance=32

最大許容視認距離をチャンク数で指定します。特に変える必要はありません。

tick-distance

tick-distance=4

世界は、どのプレイヤーからもこの多くのチャンクを刻みます。[4、12]の範囲の整数で指定します。

player-idle-timeout

player-idle-timeout=30

プレーヤーが指定した時間アイドル状態になった後、キックされます。0に設定すると、機能が無効化されます。

max-threads

max-threads=8

サーバーが使用しようとするスレッドの最大数を指定します。

level-name

level-name=world

ワールドの名前を指定します。

level-seed

level-seed=

生成する世界のシード値を設定します。

default-player-permission-level

default-player-permission-level=member

デフォルトの権限レベルを選択します。

  • visitor
  • member
  • operator

texturepack-required

texturepack-required=false

現在の世界でクライアントにテクスチャパックの使用を強制するかどうか指定します。
有効化するにはtrue 無効化するにはfalse と入力します。

content-log-file-enabled

content-log-file-enabled=false

コンテンツエラーのファイルへのロギングをするかどうか指定。
有効化するにはtrue 無効化するにはfalse と入力します。

compression-threshold

compression-threshold=1
[0-65535]の範囲の整数を指定。圧縮する生のネットワークペイロードの最小サイズを決定します。

erver-authoritative-movement

erver-authoritative-movement=server-auth

サーバーの権限のある移動を有効にします。trueの場合、サーバーはサーバー上のローカルユーザー入力を再生し、クライアントの位置がサーバーの位置と一致しない場合に修正を送信します。修正は、correct-player-movementがtrueに設定されている場合にのみ発生します。
“client-auth”, “server-auth”

player-movement-score-threshold

player-movement-score-threshold=20

異常な動作が報告されるまでに必要な不一致の時間間隔の数。言い換えれば、私たちが行動を起こす前に、プレイヤーが疑わしいことをした回数。server-authoritative-movementにのみ関連します。

player-movement-distance-threshold

player-movement-distance-threshold=0.3

異常な動作を登録する前に超える必要があるサーバーとクライアントの位置の違い。server-authoritative-movementにのみ関連します。

player-movement-duration-threshold-in-ms

player-movement-duration-threshold-in-ms=500

異常な動きのスコアが増加する前に、サーバーとクライアントの位置が同期していない可能性がある時間(player-movement-distance-thresholdで定義)。この値はミリ秒単位で定義されます。server-authoritative-movementにのみ関連します。

correct-player-movement

correct-player-movement=false

trueの場合、移動スコアがしきい値を超えると、クライアントの位置がサーバーの位置に修正されます。server-authoritative-movementにのみ関連します。現時点では、これを有効にすることはお勧めしません。作業はまだ進行中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA