【BDS】server.propertiesを編集してサーバーの設定を変える

server.propertiesを編集しよう BDS編

今回は、BDSの設定ファイル、server.properties(サーバープロパティー)の設定について解説していきます。

server.propertiesの編集の仕方、pmmp編はこちらからご覧ください。

【PMMP】server.propertiesを編集してサーバーの設定を変える【PMMP】server.propertiesを編集してサーバーの設定を変える

server.propertiesとは

サーバーの各種設定を変更できるファイルです。

このような内容が書かれています。

server.properties
server-name=Dedicated Server
# Used as the server name
# Allowed values: Any string without semicolon symbol.
gamemode=survival
# Sets the game mode for new players.
# Allowed values: "survival", "creative", or "adventure"
force-gamemode=false
# force-gamemode=false (or force-gamemode is not defined in the server.properties)
# prevents the server from sending to the client gamemode values other
# than the gamemode value saved by the server during world creation
# even if those values are set in server.properties after world creation.
#
# force-gamemode=true forces the server to send to the client gamemode values
# other than the gamemode value saved by the server during world creation
# if those values are set in server.properties after world creation.
difficulty=easy
# Sets the difficulty of the world.
# Allowed values: "peaceful", "easy", "normal", or "hard"
allow-cheats=false
# If true then cheats like commands can be used.
# Allowed values: "true" or "false"
max-players=10
# The maximum number of players that can play on the server.
# Allowed values: Any positive integer
online-mode=true
# If true then all connected players must be authenticated to Xbox Live.
# Clients connecting to remote (non-LAN) servers will always require Xbox Live authentication regardless of this setting.
# If the server accepts connections from the Internet, then it's highly recommended to enable online-mode.
# Allowed values: "true" or "false"
allow-list=false
# If true then all connected players must be listed in the separate allowlist.json file.
# Allowed values: "true" or "false"
server-port=19132
# Which IPv4 port the server should listen to.
# Allowed values: Integers in the range [1, 65535]
server-portv6=19133
# Which IPv6 port the server should listen to.
# Allowed values: Integers in the range [1, 65535]
view-distance=32
# The maximum allowed view distance in number of chunks.
# Allowed values: Positive integer equal to 5 or greater.
tick-distance=4
# The world will be ticked this many chunks away from any player.
# Allowed values: Integers in the range [4, 12]
player-idle-timeout=30
# After a player has idled for this many minutes they will be kicked. If set to 0 then players can idle indefinitely.
# Allowed values: Any non-negative integer.
max-threads=8
# Maximum number of threads the server will try to use. If set to 0 or removed then it will use as many as possible.
# Allowed values: Any positive integer.
level-name=Bedrock level
# Allowed values: Any string without semicolon symbol or symbols illegal for file name: /\n\r\t\f`?*\\<>|\":
level-seed=
# Use to randomize the world
# Allowed values: Any string
default-player-permission-level=member
# Permission level for new players joining for the first time.
# Allowed values: "visitor", "member", "operator"
texturepack-required=false
# Force clients to use texture packs in the current world
# Allowed values: "true" or "false"
content-log-file-enabled=false
# Enables logging content errors to a file
# Allowed values: "true" or "false"
compression-threshold=1
# Determines the smallest size of raw network payload to compress
# Allowed values: 0-65535
server-authoritative-movement=server-auth
# Allowed values: "client-auth", "server-auth", "server-auth-with-rewind"
# Enables server authoritative movement. If "server-auth", the server will replay local user input on
# the server and send down corrections when the client's position doesn't match the server's.
# If "server-auth-with-rewind" is enabled and the server sends a correction, the clients will be instructed
# to rewind time back to the correction time, apply the correction, then replay all the player's inputs since then. This results in smoother and more frequent corrections.
# Corrections will only happen if correct-player-movement is set to true.
player-movement-score-threshold=20
# The number of incongruent time intervals needed before abnormal behavior is reported.
# Disabled by server-authoritative-movement.
player-movement-action-direction-threshold=0.85
# The amount that the player's attack direction and look direction can differ.
# Allowed values: Any value in the range of [0, 1] where 1 means that the
# direction of the players view and the direction the player is attacking
# must match exactly and a value of 0 means that the two directions can
# differ by up to and including 90 degrees.
player-movement-distance-threshold=0.3
# The difference between server and client positions that needs to be exceeded before abnormal behavior is detected.
# Disabled by server-authoritative-movement.
player-movement-duration-threshold-in-ms=500
# The duration of time the server and client positions can be out of sync (as defined by player-movement-distance-threshold)
# before the abnormal movement score is incremented. This value is defined in milliseconds.
# Disabled by server-authoritative-movement.
correct-player-movement=false
# If true, the client position will get corrected to the server position if the movement score exceeds the threshold.
server-authoritative-block-breaking=false
# If true, the server will compute block mining operations in sync with the client so it can verify that the client should be able to break blocks when it thinks it can.

各種設定の変更

それでは、1つずつ設定を見ていきます。

server-name

motdには、サーバーの名前を入力します。

server-name=Example Server

上のように表示されるものですので、目を引く文字、色をつけると良いですね。


こちらのサイトを使えば、簡単にmotdに色を付けたり太字にすることができます。

gamemode

gamemode=survival

ゲームモードを選択します。特に変更する必要はありません。

  • survival
  • creative
  • adventure

のなかから1つ選びます。公開サーバーであればサバイバルかアドベンチャーがおススメです。

difficulty

difficulty=member

難易度を選択します。コマンドからも変えられます

  • peaceful
  • easy
  • normal
  • hard
もっと詳しく

peaceful······Mob(敵など)が湧きません。また、体力は自動で回復、満腹度も減りません。

easy······Mobが湧きます。満腹度が減るようになります。

normal·······Mobが湧きます。攻撃度や満腹度の減少は標準です。

hard······ハードです。全体的に難易度が増します。ノーマルでは物足りない方に。

allow-cheats

allow-cheats=true

チートの使用を許可するか選択します。
有効化するにはtrue 無効化するにはfalse と入力します。

コマンドを使いたい場合はチートをtrueにしておきましょう。

max-players

max-players=20

入ることのできる最大人数を設定します。

online-mode

online-mode=false

すべてのプレーヤーに対してXbox認証を必要とするか選びます。
公開サーバーではtrueにすることをお勧めします。

有効化するにはtrue 無効化するにはfalse と入力します。

white-list

white-list=false

ホワイトリスト機能の有効・無効を選択します。
有効化するにはtrue 無効化するにはfalse と入力します。

server-port

server-port=19132

IPv4のポートを1から65535までのあいだで設定します。通常は変える必要はありません。

server-portv6

announce-player-achievements=o

IPv6のポートを1から65535までのあいだで設定します。通常は変える必要はありません。

view-distance

view-distance=32

最大許容視認距離をチャンク数で指定します。5以上の正の整数を指定します。

サーバーが重い場合はこの数値を下げることで改善する可能性があります。

tick-distance

tick-distance=4

どこまでせかいせかい

いわゆるシミュレーション距離になります。ユーザーが指定したチャンク数離れていても世界を動かす距離の設定です。

4-12の範囲で設定します。パフォーマンスに影響するので4-6あたりがおススメです。

player-idle-timeout

player-idle-timeout=30

プレーヤーがどのくらい放置するとキック(自動退出)させるかの設定です。
0に設定すると、機能が無効化されます。

分単位での設定になります。初期状態は30分です。

max-threads

max-threads=8

サーバーが使用しようとするスレッドの最大数を指定します。サーバーの性能や制約により使えるスレッドは異なります。

level-name

level-name=world

ワールドの名前を指定します。

level-seed

level-seed=

生成する世界のシード値を設定します。
空欄にしておけばランダムな世界が生成されます。

default-player-permission-level

default-player-permission-level=member

デフォルトの権限レベルを選択します。

  • visitor
  • member
  • operator
デフォルト権限について
  • ビジター:破壊やPvP、ブロック設置が一切できません。
  • メンバー:破壊やPvP、ブロック設置が可能です。
  • オペレーター:管理者や権限者に与えます。コマンドの実行や設定変更などが可能です。

texturepack-required

texturepack-required=false

クライアント(ユーザー)に対して、テクスチャパックの使用を強制するかどうか指定します。
有効化するにはtrue 無効化するにはfalse と入力します。

有効化するとサーバー側で指定、配布するテクスチャパックを強制することができます。X-rayを禁止したり、サーバー独自のテクスチャを全員に統一させたいときにおススメです。

content-log-file-enabled

content-log-file-enabled=false

コンテンツエラーを、ファイルにログを残すか指定します。
有効化するにはtrue 無効化するにはfalse と入力します。

compression-threshold

compression-threshold=1

ネットワークペイロードの最小サイズを指定します。

[0-65535]の範囲の整数を指定します。特に変更する必要はありません。

erver-authoritative-movement

erver-authoritative-movement=server-auth

(直訳です)

サーバーの権限のある移動を有効にします。trueの場合、サーバーはサーバー上のローカルユーザー入力を再生し、クライアントの位置がサーバーの位置と一致しない場合に修正を送信します。修正は、correct-player-movementがtrueに設定されている場合にのみ発生します。
“client-auth”, “server-auth”

player-movement-score-threshold

player-movement-score-threshold=20

異常な動作が報告されるまでに必要な不一致の時間間隔の数。言い換えれば、私たちが行動を起こす前に、プレイヤーが疑わしいことをした回数。

server-authoritative-movementに関連します。

player-movement-distance-threshold

player-movement-distance-threshold=0.3

異常な動作を登録する前に超える必要があるサーバーとクライアントの位置の違い。server-authoritative-movementに関連します。

player-movement-duration-threshold-in-ms

player-movement-duration-threshold-in-ms=500

異常な動きのスコアが増加する前に、サーバーとクライアントの位置が同期していない可能性がある時間(player-movement-distance-thresholdで定義)。この値はミリ秒単位で定義されます。

server-authoritative-movementに関連します。

correct-player-movement

correct-player-movement=false

trueの場合、移動スコアがしきい値を超えると、クライアント(ユーザー)の位置がサーバーの位置に修正されます。

server-authoritative-movementにのみ関連します。

チートで飛行している場合、もとの場所にも度すことができます(完全ではありません)
少し動きにロールバックが発生する可能性がありますが、オンにしておいたほうがいいかもしれません。

コメントを残す

お気軽にコメントをどうぞ。こっそり聞きたいときはコンタクトTwitterへどうぞ。