特集 マイクラマルチサーバーを無料で作る

[MiRm]サーバーを管理する8つのポイントをわかりやすく解説します

https://nojihata.com/wp-content/uploads/default.pngのじはた

こんにちは。のじはた(@ortan_11)です。

MiRmは機種を問わずいつでもどこでも管理できるのは大変便利ですよね。

今回は、MiRmのサーバーを管理する上で知っておきたい、8つのポイントを解説します。

わからない点がありましたら、お気軽にコメントへメッセージを送ってください。

おさらい

MiRmへのログインは、サーバーを作成したページ、https://x.mirm.jpから行いました。

もっとおさらいする

1.サーバーの利用可能時間延長を行う

MiRmを継続して利用していくには、利用期間を延長する必要があります

MEMO

延長を行わないと、サーバーは削除されてしまいます。

また、MiRmは完全に無料で使えるサービスですので、延長に一切料金はかかりません

https://nojihata.com/wp-content/uploads/default.pngのじはた

利用期間延長は残り時間が少なくなってきたら行うことができますよ。

それでは、延長の仕方を見ていきます。

コントロールパネル

コントロールパネルにログインすると、以下のような画面になりますが、2番目にある残り使用可能時間の欄から行います。

利用期間を延長 のボタンを押すと、以下のような画面に遷移します。

あとは、 延長 ボタンを押すことで、残り時間は増え、再び使えるようになります。

もう一度確認!
  • 延長をしないとサーバーはいずれ削除されてしまいます!
  • 延長にお金はかかりません!
  • 残り時間が少なくならないと延長はできません!

2.サーバーの起動・再起動・停止を行う

サーバーに入るには、起動をする必要があります。

コントロールパネルの下部の、4つのボタンがある領域を見てください。

こちらのボタンを押すことで、サーバーの状態を変えることができます。

基本的には、起動停止 を使用します。

なお、強制止 は、異常発生時(反応しない・フリーズしてしまったときなど)のみ利用します。

3.サーバーに入るための情報を確認する

サーバーに入るために、以下の情報を入力します。

コントロールパネル
アドレスx.mirm.jp
Minecraftサーバーポートサーバーによる(5桁)

Minecraftサーバーポートは、FTPポートとは違うものになりますので注意してください。

なお、サーバーへの入り方はこちらで解説しています。

【MCBE】サーバーに接続する方法を解説

サーバーを共有ボタンを押せば、このようなurlがコピーされます。

http://api.0x0f.site/go/?ip=x.mirm.jp&port=12345&serverListName=server[MiRm]

このようなurlを踏めば、Minecraftに自動的にサーバーが追加されますよ。

4.FTP(ファイル管理)をする

FTPのしかたについては、以下の記事でご紹介しています。

[MiRm]PMMPのプラグインを導入する方法をわかりやすく解説

5.バックアップデータを取る

リニューアル後、バックアップがコントロールパネル内で取得できるようになりました。

はじめに、 このようなアイコンで示してあるメニューを押し、サーバー設定を選択します。

コントロールパネル

次に、バックアップを開始 を押します。

バックアップデータを取得し終わると、以下のようになります。

コントロールパネル

次に、バックアップをダウンロード を押します。

すると、以下のようなファイルがダウンロードされます。

server_20191207025742_bp.tar.gz

6.バックアップデータを復元する

先程取得したデータを復元します。

server_20191207025742_bp.tar.gz

このようなデータを ファイルを選択 を押してからアップロードします。

コントロールパネル

そして、 送信して復元 を押すと、バックアップが開始されます。

7.サブコントロールパネルを使う

サブコントロールパネルとはサービスリニューアル後に登場した機能で、管理者以外が、サーバーの起動、停止などを行うことができます。

注意

この機能を使うことで、発行されたURLを知っている人は誰でもサーバーの操作ができるようになります

取り扱いには十分に注意してください。

コントロールパネル

使い方は簡単です。サブコントロールパネルを設定 を押すことで、有効化されます。

すると、3日間のみ、サブコントロールが有効化されます。

継続して使いたいのであれば、3日後にもう一度サブコントロールパネルを有効化します。

下に表示されるURLを代わりに管理してほしい人に教えてあげれば、その人が管理できるようになります。

使わないときは、サブコントロールパネルを無効化を押します。

8.MiRmのサーバーリストを利用する

リニューアル後、MiRmにはサーバーリスト機能が実装されました。

コントロールパネル

はじめにサーバーリストに掲載する を入れます。

これだけでMiRmサーバーリストにサーバーを掲載することができました。

次に、情報を編集 から、サーバーリストに載せたい情報を設定します。

コントロールパネル

サーバーの基本情報を設定します。LobiやDiscord、webサイトのURLも表示することができますよ。

IPアドレス・ポートをリストに表示する を入れなければ、URL先に記載してありますなどの誘導をして、ルールを確認させてからサーバーに入ってもらうこともできそうですね。

コントロールパネル

続いて、サーバーの説明を記載します。

「サーバーへようこそ!」は消しても差し支えありません。

どのようなサーバーなのかを、300字以内でまとめましょう。

大切なところは、強調したり大きくしたりすると伝わりやすくなると思います。

私はこんな感じになりました。

サーバーの説明

まとめ

https://nojihata.com/wp-content/uploads/default.pngのじはた

MiRmにはこんなに機能があるんですね。

とっても便利!!

https://nojihata.com/wp-content/uploads/niwatori.svgNIWAさん

すごくいいね!プラグインを導入するともっと楽しくなりそう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA