ホッホッホ!おすすめ記事はこちらじゃ!

【随時更新】MiRmの質問疑問まとめ

はじめに

このページでは、MiRmについての質問や疑問をカテゴリー別にまとめています。

欲しい情報が無かった場合には、お問い合わせページより内容をお伝えください。

https://nojihata.com/wp-content/uploads/default.pngのじはた

MiRmの使い方の記事はこちらからどうぞ♪

サービス全般について

こちらです。

こちらです。利用前に必ず確認しておきましょう。

こちらです。更新情報等が配信されていますので、何かしら異常が発生した場合には、確認することをおすすめします。

いいえ。サービスを使用する上でお金は一切不要です。

いいえ。名前や住所、生年月日などの入力は一切不要です。

Minecraft Bedrock Edition(BE)で接続できるPMMP、同じくBE向けのBDS、Minecraft Java版向けのCuberiteを利用することができます。

さらには、Vanilla、Bukkit、Spigotも追加されました。

PMMPでは、プラグインが使用可能です。しかし、MOB等は出てきませんし、機能は制限されます。それを解決するため、便利にするためにプラグインがあります。PMMP向けのプラグインは多くリリースされているため、公開するサーバーにおすすめです。

BDSでは、純粋なサバイバルを楽しむことができます。もちろん、クリエイティブモードも使えます。プラグインを導入することはできません。

Cuberiteは、Java(PC)版向けです。BE(スマホ等)ではプレイすることができません。

Cuberite管理パネルが存在し、そこで様々な設定をすることができます。

デフォルトプラグインが導入されていて、自ら導入することはできません。

延長をすることで、活動していないサーバーを削除するためにあります。削除されないためには、定期的に延長する必要があります。延長を繰り返せばずっと使えます。延長は無料です。

いいえ。その機能は廃止されました。

残念ながら再設定などはできません。メモを忘れずに取ってください。

FTPについて

PMMP

BE版のワールドは残念ながら導入することができません。
PC版のワールドは導入することができます。worldsのフォルダに入れましょう。

BDS

BE版のワールドを導入することができます。

サーバーの名前(id)を入力します。管理パネルにログインするときのidです。

FTPを有効化する際にメモ(コピー)をした自動生成される文字のことです。

一度、FTP機能を無効化し、再び有効化します。パスワードをメモ(コピー)することを忘れないようにしましょう。

まずは、idとパスワードを確認してください。空白が入っていたり、大文字、小文字の区別はされていますか?

外部アプリケーションが使えないときにはWebFTPを試してみてください。

まずは、どのプラグインが発生源なのかを調べましょう。

MiRm管理パネル▶クラッシュダンプ解析▶長い文字をコピー▶解析ページへ移動▶コピーした文字を貼り付ける▶完了

そこで、エラーが出ているプラグインと、エラーが確認できます。一番速い解決方法はそのプラグインを抜いてしまうことです。

新アップデートにより、プラグイン導入数に制限がなくなりました。(つまり、入れたい数だけ入れられます)

pluginsというフォルダにそのまま入れます。展開する必要はなく、/plugins/123.phar/のような形になっていれば大丈夫です。

worldsのフォルダをダウンロードすることで可能です。

もしくは、コントロールパネルからバックアップデータを取得します。

サーバーを作り直せばidも変えることができます。もしくはserver.propertiesを書き換えます

FTPができるソフトであれば何でも大丈夫です。(FileCommanderなど。)また、WebFTPもおすすめです。

(PMMP)デフォルトプラグインの使い方について

MiRmでは、最初から便利なプラグインが入っていますので、すぐに生活を楽しむことができます。

サーバーに経済の制度を導入するものです。EconomyAPIが無いと各プラグイン(SHOPやJOB)は動きません。

こちら(poggit)からダウンロードすることができます。

/mymoney自分の所持金を見る。

/topmoney 所持金のランキングを閲覧

/seemoney 人の所持金を見る

/pay 人にお金を払う

/mystatus 所持金のステータスを閲覧します。

/bank プレイヤー自身の銀行口座を管理します。(存在するか不明)

/bank deposit <金額> 指定した金額を口座に預けます。

/bank withdraw <金額> 指定した金額を口座から引き出します。

/bank seemoney <名前> 指定したプレイヤーの所持金を確認します。

/bank mymoney 自分の所持金を確認します。

/mydebt…自分の借金を確認します。

/returndebt <amount> 借金を指定した金額返済します。

/takedebt <amount> サーバーから借金をします。

/givemoney [OP専用] プレイヤーにお金を与える

/takemoney [OP専用] プレイヤーからお金を取る

/setmoney [OP専用] プレイヤーの所持金を特定の金額にセットする

/bankadmin 銀行口座を管理できます。

/bankadmin takemoney <player> <amount> プレイヤーの預金を指定した金額減らします。

/bankadmin givemoney <player> <amount>
プレイヤーの預金を指定した金額増やします。

language.propertiesを以下のように書き換えます。

language.properties
#Properties Config file
#(作成した日時)
language=ja
language-set=言語を%1に変更しました。
request-cancelled=リクエストはキャンセルされました。
player-not-connected=%1はこのサーバーにいません。
player-never-connected=%1は存在しません。
bank-credit-increase=預金に利子がつきました。
debt-increase=借金に利息がつきました。現在の借金:$%1
topmoney-format=[%1] %2:%3
takemoney-must-be-number=金額は数字で入力する必要があります。
takemoney-invalid-number=無効な数値です。
takemoney-player-lack-of-money=%1の所持金をオーバーしています。%1の所持金:$%3
takemoney-money-taken=あなたの所持金が$%1減りました。
takemoney-took-money=%1の所持金を$%2減らしました。
takemoney-failed=失敗しました!
givemoney-must-be-number=金額は数字で入力する必要があります。
givemoney-invalid-number=無効な数値です。
givemoney-money-given=あなたの所持金が$%1増えました。
givemoney-gave-money=%2の所持金を$%1増やしました。
seemoney-seemoney=%1の所持金:%2
setmoney-setmoney=%1の所持金を$%2にしました。
setmoney-failed=失敗しました!
setmoney-invalid-number=$%1は無効な数値です。
mymoney-mymoney=現在の所持金:$%1
mydebt-mydebt=現在の借金:$%1
mystatus-show=所持金:%1% | 借金:%2%
takedebt-must-bigger-than-zero=金額は$0より大きくしてください。
takedebt-over-range-once=一回で$%2が限界です。
takedebt-over-range=合計で$%2が限界です。
takedebt-takedebt=$%1借金を減らしました。
takedebt-failed=失敗しました!
returndebt-must-bigger-than-zero=金額は$0より大きくしてください。
returndebt-dont-have-debt=$%1借りていません。現在の借金:$%2
returndebt-dont-have-money=$%1所持していません。現在の所持金:$%2
returndebt-returndebt=借金を$%1返済しました。現在の借金:$%2
returndebt-failed=失敗しました!
bank-deposit-must-bigger-than-zero=金額は$0より大きくしてください。
bank-deposit-dont-have-money=$%1所持していません。
bank-deposit-success=$%1預け入れしました。
bank-deposit-failed=失敗しました!
bank-withdraw-must-bigger-than-zero=金額は$0より大きくしてください。
bank-withdraw-lack-of-credit=$%1預金がありません。
bank-withdraw-success=$%1引き出しました。
bank-withdraw-failed=失敗しました!
bank-mymoney=現在の預金:$%1
bank-hismoney=%1は$%2の預金があります。
bank-takemoney-must-bigger-than-zero=金額は$0より大きくしてください。
bank-takemoney-done=%1の預金を$%2減らしました。
bank-takemoney-no-money=%1の預金には$%2ありません。
bank-givemoney-must-bigger-than-zero=金額は$0より大きくしてください。
bank-givemoney-done=%1の預金を$%2増やしました。

※公式サイトより抜粋

language.propertiesを以下のように書き換えます。

language.properties
#Properties Config file
#Thu Nov 20 16:17:58 CST 2014
sold-land=Has been sold the land for $%1
not-my-land=ここはあなたの土地ではありません。
no-one-owned=誰も所有していません。
not-your-land=%1はあなたの土地ではありません。
no-land-found=%1は存在しません。
land-corrupted=%1は破損しています。
fail-moving=%1の移動に失敗しました!
success-moving=%1を移動しました。
land-list-top=土地リスト ページ%1/%2\nを表示
land-list-format=#%1 広さ: %2 m^2 | 所有者: %3\n
here-land=#%1は%2の土地です。
land-num-must-numeric=土地NO.は数字である必要があります。
not-invitee=%1はあなたの土地の訪問者ではありません。
already-invitee=%1はすでにあなたの土地の訪問者です。
removed-invitee=%1は%2の訪問者から削除されました。
success-invite=%1はあなたの土地の訪問者になりました。
player-not-connected=%1はこのサーバーにいません。
cannot-give-land-myself=自分の土地を自分に与えることはできません。
gave-land=%1を%2に譲渡しました。
got-land=[EconomyLand] %1があなたに土地NO.%2を譲渡しました。
land-limit=あなたは%1の土地を所有しています。所有できる限界は%2です。
set-first-position=1つめの位置を指定してください。
set-second-position=2つめの位置を指定してください。
land-around-here=ここは%1の土地です。
no-money-to-buy-land=土地を購入するお金を持っていません。
bought-land=$%1で土地を購入しました。
first-position-saved=1つめの位置が設定されました。
second-position-saved=2つめの位置が設定されました。
cant-set-position-in-different-world=異なるワールドでは位置を設定できません。
confirm-buy-land=土地の価格:$%1\n /land buyコマンドで土地を購入してください。
no-permission=あなたはこの土地を編集できません。所有者:%1
not-owned=この土地を編集するには購入する必要があります。

看板に書きます。

shop
値段
アイテムのid
個数

看板に書きます。

sell
値段
アイテムのid
個数

鯖民は、itemcloudに売るものを入れてから、使用します。

看板に書きます。

pshop
値段
id
個数

/itemcloud register アカウントを作成

/itemcloud upload アイテムID クラウドにアイテムを預けます

/itemcloud download アイテムID
預けたアイテムを引き出します

/itemcloud list 預けたアイテムを確認できます

/itemcloud count アイテムID クラウドに預けてあるアイテムの個数を確認できます

看板に書きます。

ka
称号名
値段

/job join <job> 職業につきます。
/job retire 今就いている職業をやめます。
/job list[page] 職業リストを表示します。
/job me 自分の就いている職業を確認します。

jobs.ymlの内容を書き換えます。

例えば、木こり師なのであれば、以下の記述がされています。

jobs.yml
tree-cutter: "17:0:break": 10

このようにして、名前: “アイテムid:壊すとき”:何円もらえるかを自由に設定することができます。

breakの部分をplaceと置き換えれば、ブロックを置いたときにお金を貰えるようになります。

/land 土地管理のコマンドです。

/land list [page] 土地のリストを表示します。

/land here 自分の立っている地点の土地の所有者を表示します。

/land move <landID> 土地を移動します。(ワープ)

/land invite <landID> <招待する人> 自分の土地にプレイヤーを招待(ブロックの破壊/設置を許可)します。

/land invitee <landID> 土地に招待されているプレイヤーを表示します。

/land give <landID> <player> 自分の土地をほかのプレイヤーに譲ります。

/land buy 指定範囲の土地を購入します。

/land whose <keyword> 土地を購入したプレイヤーを照会します。

/landsell 土地保護を解除します。(お金は返却されます。)

初めの地点で/startp 反対側の地点で/endp を実行します。

購入する場合は/land buy を実行します。

土地保護の図解

/casino start カジノを開始します。

/casino quit カジノをやめます。

/casino gamble <money> お金を賭けます

/casino join <slot owner> カジノに参加します。

/casino leave カジノから退出します。

/jackpot <money> お金を賭けます

/setwa <地点の名前> [OP専用]立っている場所に、指定した名前でwarp地点を作成します。

/delwa <地点の名前> [OP専用]指定した名前のwarp地点を削除します。

/warp <地点の名前> 指定した場所にwarpします。

/walist 存在する場所の名前を一覧にして表示します。

CLICK
GitHub

こちらからまとめてダウンロードすることができます。

アクセスしたら、右上の緑のダウンロードボタンを押してください。

Zip形式で圧縮された状態でダウンロードされます。端末内で解凍をし、使いたいフォルダを取り出します。

もし、phar形式にしておきたい場合は、その取り出したフォルダをZipに圧縮し、 pmt.haniokasai.com でpharにします。

フォームで設定をします。FormAPIが必須です(コマンドのみでもできます)

https://forum.mcbe.jp/resources/107/

https://github.com/jojoe77777/FormAPI/

  • ブロック設置

/wand でアイテムを出します。

最初の場所でブロックを壊す。
最後の場所でブロックに軽く触れる。

/fill を打つ
(fill以外には何も入力する必要はありません。)

フォームが出てきます。

①のところに設置したいブロックのIDを入れます。

それ以外は普通の使い方なら変えなくても大丈夫です。

範囲内を消したい場合、IDを0に指定してください。

  • コピーをする

/wand でアイテムを出します。

最初の場所でブロックを壊す。
最後の場所でブロックに軽く触れる。

/clone を打つ
(clone以外には何も入力する必要はありません。)

フォームが出てきます。

詳細設定をします。

権限者(オペレーター権限のある人)がサーバーに入室すると、Server OP: 名前と通知します。

config.ymlを編集することでメッセージを変更することができます。

看板に書きます。

[※1]
自由記入
コマンド(/はいらない)
自由記入

※1には、[Cmd][Admin][Console]のいずれかを入力します。

[Cmd]

鯖民が普段使えるようなコマンドを看板で使えます。
tp等は使えません

[Admin]

権限を持っている人のみが実行できます。

[Console]

誰でも実行できます。

/banitemを使用します。MiRmUtils(Useful)に含まれています。

/banitem ban アイテムid [OP専用]アイテムを使用禁止にします。

/banitem unban アイテムid [OP専用]アイテムの使用禁止を解除します。

/banitem list [OP専用]使用が禁止されているアイテムを確認することができます。 


消してしまった場合、poggitから入手することができます。その場合は以下のコマンドになります。機能は変わりません。

https://poggit.pmmp.io/p/BanItem/2.3.3

/banitem add アイテムid [OP専用]アイテムを使用禁止にします。

/banitem unban アイテムid [OP専用]アイテムの使用禁止を解除します。

/banitem list [OP専用]使用が禁止されているアイテムを確認することができます。 

/banitem report [OP専用]使用禁止アイテムの報告を切り替えます。

/register アカウントの登録を行います。フォームが表示されますので、同じパスワードを2回書きます。

/unregister <パスワード> プレイヤー自身が実行します。アカウントの削除を行います。

unregister <ユーザー名> コンソールから実行するため、/は不要です。コンソールからの場合は、パスワードではなくユーザー名を入力します。

PMMPのサーバーについて

残念ながら使用できません。

MiRmのサーバーリストが新しく作られましたので、そちらを利用してください。

PMMPでは、基本不可能です。ただし、 MCBEフォーラム で公開されているプラグインを使用することで機能は制限されますが、使うことができます。

ログインプラグインの影響が考えられます。登録、またはログインをしてください。/register で登録ができます。

“name”のように”と”で囲みましょう

hana koさん /pay “hana ko”

名前はすぐに変えられますので、IPBANをおすすめします。

ただし、ipも変えられてしまいますので、完全に対策をするのは不可能です。

土地保護のプラグイン等を活用して守りましょう。

/ban 名前 理由 名前を接続禁止にする

/pardon 名前 接続禁止を解除する

/ip-ban 名前 理由 IP単位で接続を禁止する

/pardon-ip 名前 IP単位で接続禁止を解除する。

デフォルトプラグインSignPortalが導入されていることが前提です。

/generate 好きなワールド名 を実行することで作成できます。

ただし、ワールド名に日本語は含むとワールドデータが破損してしまう可能性があります。

SignPortalを消してしまっている場合、以下の質問のプラグインがおすすめです。

可能です。ワールド管理プラグインを導入しましょう。

こちらがおすすめです。

https://forum.mcbe.jp/resources/93/

/gwd <ワールド名> 自然な(default)ワールドを生成します。

/gwf <ワールド名> 平らな(flat)ワールドを生成します。

/gwn <ワールド名> ネザーを生成します。

はい。可能です。

/gwd <ワールド名> 自然な(default)ワールドを生成します。

スポーン地点から何ブロックかはOP以外破壊できないようになっています。仕様です。

server.propertiesから変更できます。

/op 名前を実行します。 空白がある場合は、”name”のように”と”で囲みましょう。

hana koさん /pay “hana ko”

/deop 名前 を実行します。

空白がある場合は、”name”のように”と”で囲みましょう。

hana koさん /pay “hana ko”

PMMPでは湧きません。プラグインを用いれば湧かせることができます。

こちらのプラグインを使用します。

こちらのプラグインを使用します。

持ち物を保持をしたとき、メッセージを表示したく無い場合には、以下のようにconfigの、一番下の行、MessageAfterDeath:の後を書き換えます。

config.yml
# Config file
# Keep inventory true or false
KeepInventory: true
# Message types: message, popup, tip, title
MessageType: message
# Message after player's inventory has been kept
# You can use '&' to make colored text
MessageAfterDeath: "&aYour inventory has been kept"

残念ながらpmmpには幸運機能が実装されていないため使用できません。

ホワイトリストとは、サーバーに、設定した限られた人のみ入ることができるようにするための機能です。

/whitelist add <名前> <名前>さんをホワイトリストに追加します。

/whitelist remove <名前> <名前>さんをホワイトリストから削除します。

/whitelist on ホワイトリスト機能を有効化します。

/whitelist off ホワイトリスト機能を無効化します。(誰でも入れてしまいます)

/whitelist list ホワイトリストに入っている人を確認します。

BDSのサーバーについて

はい。残念ながらBDSではホワイトリスト機能が実装されていないため使用できません。

はい。BDSでは普通に使うことができます。

デフォルトのワールドしか生成されない仕様です。


2 COMMENTS

のじはた

こんにちは。コメントありがとうございます(*´˘`*)♡

コメントいただきました内容について、「デフォルトプラグインの使い方」の欄に追記を行いました。 ご意見ありがとうございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です