【サイトに広告を】忍者AdMaxの使い方を解説

忍者AdMaxは、有名なGoogle AdSense(アドセンス)と同じような広告をサイトに設置できるサービスです。

忍者AdMaxは、サイトがまだまだの時に、サイトが成長してきたらAdSenseに切り替える方も多いのではないでしょうか。

今回は、審査も簡単で、すぐに広告が貼れてしまう忍者AdMaxをご紹介します。

そもそも忍者AdMaxとは

“忍者AdMax(ニンジャアドマックス)”とは忍者ツールズ株式会社が提供するSSP(Supply Side Platform)です。
簡単に言うと「単価の高い広告を自動で選択して配信してくれるアフィリエイト広告」のようなサービスです。

忍者AdMaxの良いところ

  • セットアップが簡単
  • すぐに配信される
  • 表示されるだけで報酬が貰える
  • 直ぐに換金できる

サイトへの広告の貼り付け(セットアップ)が簡単というところもありました。審査は自動です。数分経てば配信されるようになります。

他にも、クリックされれば報酬が入るという広告(クリック報酬型)以外にも、表示されるだけで報酬が入る広告(表示報酬型)があります。

報酬は、忍者ポイントとして貰うことができ、現金かPexに交換することができます。最低支払額は500円とのことです。

忍者AdMaxの良くないところ

良いところがあれば、もちろん悪いところも存在します。

  • 怪しい広告が表示される
  • 単価が低い
  • 自動広告等がない

怪しい広告が表示される、明らかに怪しい広告が表示されることがあります。広告ブロック機能などもありませんので、諦めるしかありません。

広告の単価が低い、これは仕方がないかと思います。審査がほぼ無く、成人向けサイトやまとめサイトにも利用できるのですから…

自動広告等がない、これも仕方ないです。ただ、欲しいですね。

メリットとデメリットを紹介しましたが、審査がほぼ無いので、すぐに貼り付けることができます。GoogleAdSenseが使えない学生さんや新興サイトにはおすすめですよ。

忍者AdMaxに登録してみよう

登録は簡単なので、とりあえず登録してみましょうか。

まずは登録の方法をまとめてみます。

STEP2
利用規約に同意する
確認してからチェックを入れましょう。
STEP3
広告枠を作成する
この後解説していきます。

それでは、忍者AdMaxのアカウントを取得していきましょう。

Twitter、Facebook、GogleとYahoo!のアカウントのいずれかでログインするだけで簡単に作成することができます。

尚、忍者ツールズアカウントでの登録も可能です。

登録に完了すれば以下のような表示がなされます。

利用規約を読み、同意します。

するとツール(忍者AdMax)の作成が完了した旨が表示されます。それでは、広告枠を作成していきましょうか。

広告枠を作成していこう

簡単に広告を作ることができます。それでは作成していきましょう。

まず、上の画像の今すぐ広告枠を作成を押します。若しくは、メニューから広告枠を追加を押します。

すると、次のような表示がなされます。

PCサイト向け、スマホサイト向けの2種類を使い分けることができます。

使いたい物を押して、必要事項を記入するだけで広告枠は作成できます。

ただし、非推奨サイズの使用はおすすめしません。

収益が減ってしまうそうですよ。

私のサイトでは、スマホ、PC表示共に、300×250の広告枠を使用しています。

また、スマホのみ本文の終わりにネイティブ広告(詳細なカスタマイズが可能なもの)を設置しています。

コピペで広告枠を設置しよう

コピペして、広告枠を設置します。この場合、広告を中央に寄せて見栄えをよくしています。

HTML
[center]
<span class="small" style="color: #999999;">スポンサーリンク</span>
ここに広告コードを挿入
[/center]
SANGOのみに対応しています。


HTML
<div class="center">
<span style="color: #999999;">スポンサーリンク</span>
ここに広告コードを挿入
</div>
文字の大きさ(スポンサーリンク)はお好みでご設定ください。

あくまで一例なのでご参考程度にどうぞ。

最後に

いかがでしたでしょうか。

ブログ等の一収入源として忍者AdMaxを活用するのも良いかと思います。

ご質問、ご意見等はコメント若しくはお問い合わせフォームまでお寄せいただければと思います。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA