ホッホッホ!おすすめ記事はこちらじゃ!

【WordPress】3分でできる!バックアップを取ろう

今回は、WordPressでバックアップを取る方法をご紹介します。

プラグインを使う方法ですので、FTP等を使用する必要は無く、初心者の方でも簡単に行うことができます。

https://nojihata.com/wp-content/uploads/niwatori.svgNIWAさん

バックアップなど必要ないだろう。

https://nojihata.com/wp-content/uploads/default.pngのじはた

もしデータが消えてしまえば、それまでの苦労が水の泡ですよ!

https://nojihata.com/wp-content/uploads/niwatori.svgNIWAさん

よしやろう。

バックアップの手順

まずは、簡単に手順をまとめてみました。

プラグインのダウンロード

All-in-One WP Migrationをダウンロード&有効化

データをエクスポートを選択

残り数クリックで完了です。

エクスポート先を選択、ダウンロード

端末や、その他クラウドサービスなどに保存する事ができます。

完了

バックアップは以上です。

1.プラグインをダウンロードする

それでは、プラグインを導入していきましょう。

このプラグインを入手より、ダウンロードしてアップロードするか、以下の手順で導入することができます。

プラグイン→新規追加→All-in-One WP Migrationを検索→ダウロード・有効化

2.バックアップデータを取得する

導入できましたら、バックアップデータを取得していきます。

解説

データを保存する際には、エクスポートを選択します。

エクスポートを選択すると、以下のような画面になります。

エクスポート

エクスポート先を選択すると、以下から選び、バックアップデータを保存することができます。

選べる保存先
  • ファイル
  • FTP
  • DROPBOX
  • GOOGLE DRIVE
  • AMAZON S3
  • BACKBLAZE B2
  • ONEDRIVE
  • BOX
  • MEGA
  • DIGITALOCEAN
  • GOOGLE CLOUD
  • AZURE STORAGE
  • AMAZON GLACIER
  • PCLOUD
  • WEBDAV
  • S3 CLIENT

端末に保存する場合には、ファイルを選択します。

しかしながら、端末に保存していると、故障した時などに大変ですので、クラウドサービスなどにアップロードしておくのがオススメですよ。

バックアップデータを適用しよう

この手順は、今すぐ実施する必要はありません。必要となったときに実施します。

解説

データを適用するには、インポートを選択します。

インポートを選択すると、以下のような画面になります。インポート元を選択しますと、

インポート

インポート時も、以下のサービスより選択することができます。

選べるインポート元
  • ファイル
  • FTP
  • DROPBOX
  • GOOGLE DRIVE
  • AMAZON S3
  • BACKBLAZE B2
  • ONEDRIVE
  • BOX
  • MEGA
  • DIGITALOCEAN
  • GOOGLE CLOUD
  • AZURE STORAGE
  • AMAZON GLACIER
  • PCLOUD
  • WEBDAV
  • S3 CLIENT

後は、データをアップロードして、画面に従うだけです。完了後、パーマリンクの設定を確認してください。

まとめ

今回は、バックアッププラグインのAll-in-One WP Migrationをご紹介しました。

万一のことを考え、常日頃よりバックアップデータを取得しておきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です