POPULAR:おすすめのMCBEサーバー3選

【WordPressテーマ】SANGOが人気な理由とは?使うべき理由とポイントを解説

【WordPressテーマ】SANGOが人気な理由とは?使うべき理由とポイントを解説

のじはた
のじはた

こんにちは。のじはた(@nojihata_com)です!

WordPressテーマは様々な種類があって迷いますよね。

いらすとやの人
いらすとやの人

どのテーマを選べばいいかわからない!

そんな方も多いのではないでしょうか?

今回は当ブログで3年間使ってきた経験をもとに、WordPressテーマ「SANGO」の魅力や特長について紹介していきます。

この記事でわかること
  1. SANGOの機能・特長
  2. SANGOのメリット・デメリット
  3. どんな人にSANGOがあっているか

SANGOとは?

https://saruwakakun.design/

SANGO(サンゴ)は人気有料WordPressテーマです。

ただのテーマではありません。開設1年で月間200万PVを超えたサルワカで得られたノウハウを活かして作られたテーマです。

SEO対策はもちろんのこと、細部にまでこだわって作られたWebデザイン。テーマの高速化や快適なライティング機能を始めとする多数の機能が搭載されています。

これこそ『読者筆者ともに快適なテーマ』といえるでしょう。

心地よいデザインが特徴

のじはた
のじはた

僕はSANGOのサイトデザインの温かみに惹かれて購入しました。

SANGOは美しく長居したくなるサイトデザインが特徴的です。

「訪問者に心地よく滞在してもらい、満足して帰ってもらう」

このような考えのもと、Googleが提唱するマテリアルデザインを採用したテーマです。

大きなカスタマイズなし、色の変更だけでも美しいサイトを作ることができます。

記事を書くのが楽しくなる

SANGOはWordPressの新エディターGutenbergに完全対応

20種類以上ものブロックがあり初心者でも迷いなく操作ができます

たとえば…

こんな注意書きだってわずか数クリックで作れちゃいます。

のじはた
のじはた

吹き出しはプリセットから選ぶだけ!

いらすとやの人
いらすとやの人

こりゃ楽だわ!

頻繁なアップデートで機能が充実

SANGOでは2017年のリリースから現在まで、精力的にアップデートが続けられています。

2021年はGutenberg機能の大幅アップデートや、コピペするだけでトップページやパーツのカスタマイズができるSANGO Landがオープンしました。

直近では目次をプラグインなしで作れるようになるなど、積極的な改善が続けられています。

開発者のやる気が感じられる安心して使うことができるWordPressテーマだと感じています。

SANGOの機能

まずはWordPressテーマ「SANGO」30の魅力をご覧ください。SANGOにつまっている魅力を味わうことができます。

SANGOを使うメリット👍

3年間使い続けて思うSANGOのメリットをまとめました。

メリット
  • SANGO Gutenbergで記事が書きやすい
  • サポート体制がしっかりしている
  • 便利な機能が多数搭載
  • 高速化に力を入れている

Gutenbergエディターが書きやすすぎる

最近は特に記事を書くのが楽しく感じるようになり記事の投稿頻度も上がってきています(笑)

それもGutenberg(記事を書く画面)のアップデートのおかげです。

左にずらっと並んでいるアイコンはすべてSANGO独自のブロックで、なんと24種類もあります。

こんなテーマ他にはあまりないのではないでしょうか?

操作は直感的で使いたいものを右に持ってくるだけ。色やデザインの変更もワンクリックでOK。

以前はショートコードが必須でしたが、もうそんな時代ではありません。

このブロックのおかげで記事だけではなくトップページのカスタマイズも今までの数倍も簡単にできるようになりました

以前のエディター(クラシックエディタ)も引き続き使うこともできます

Gutenbergでは色の変更やスタイルの変更も簡単にできますので、まずは新エディタGutenbergを試してみるのがおススメです!

しっかりとしたサポート体制

SANGOを購入した時の決め手として、カスタマイズガイドの充実性がありました。

基本の設定はもちろんのこと、下のように細かなカスタマイズの方法まで記載されています。

また、何かトラブルやバグが発生した時に開発者さんとコンタクトをとることができます

フォーラムでは多くの質問や要望に真摯に答えてくださっています。

その他

SANGOにはCTA機能や広告を簡単に設置できる機能、さらには目次の自動生成機能まで搭載されています。

またページごと、記事のブロックごとにcssやjavascriptが記述できるなど細部までこだわって作られているテーマとなっています。

SANGOを使うデメリット👎

デメリット
  • 解決済みプラグインを使いすぎる
  • 解決済みほかのサイトとデザインが似通ってしまう
  • 解決済みカテゴリーページがカスタマイズできない

以前はGutenberg対応が進んでおらず、他のテーマに見劣りしていました…

しかし今はむしろSANGOを使うべきと絶対的にオススメできるようになりました

以前のようなショートコードをたくさん並べることはなくなり、直感的かつ快適なライティングができるようになりました。

僕が使っている機能の範囲で困っていることはなく、継続的なアップデートの機能追加でどんどん使いやすくなっています。

解決プラグインを使いすぎる

SANGOではプラグインが多く必要だとされていましたが、現在では高速化機能の充実化、目次をプラグインなしで作れるようになったことなどでプラグインを減らすことができます。

解決デザインの被り問題

一部挙がるデザインの被り問題ですが、これは多くのテーマに当てはまることであり、SANGOだけの問題とは感じません。

冒頭で挙げたSANGO LandやGutenbergブロックなどの登場により、より多彩な表現ができるようになっています。

例えばSANGOの公式ページも、すべてGutenbergで作られています。
このレイアウトはSANGO Landで使えるようになっており、SANGOをお使いの方であればだれでも真似することができます。

ほかにも様々なデザインをコピーして使うことができます。

解決カテゴリーページがいじれない

アップデートでカテゴリーページに固定ページを選択できるようになりました。ふつうの記事と同じようにカテゴリーページをカスタマイズできるようになったのはとても大きいです。

購入方法

SANGOは2通りの購入方法があります。 定価は11,000円です。

後者の方法で購入すると1,000円オフになりますので是非参考にしてください。

BOOTHで購入

ほかのサーバーで利用される方はBOOTHから購入します。

どのサーバーでもOK

ConoHa WINGで購入

ConoHa WINGで購入する場合、契約をWINGパック(3ヶ月以上のサーバー契約)にすると、1,000円オフで購入することができます。

サーバーを乗り換えたあとでも使えるので、お試しの意味でも高性能なConoHa WINGを使うとお得にブログやサイトを始められます。

WINGパックで1000円オフ

のじはた
のじはた

上の光るボタンデザインはSANGO Landからコピペしたものです!

まとめ

今回は最近話題のWordPressテーマSANGOを紹介しました。

私はSANGOは完成度の高いテーマだと感じています。

WordPressには非常にたくさんテーマがあるので、ご自分で納得される、しっくりくるテーマを使うのがイチバンですよ。

今回はここまで。

( ´‎ᵕ` )ノ゙

【お知らせ】SANGO Gutenbergで料金表を作りました

コメントを残す

お気軽にコメントをどうぞ。こっそり聞きたいときはコンタクトTwitterへどうぞ。