【WordPressテーマ】SANGOの購入方法・インストール方法を解説

のじはた
のじはた

こんにちは、のじはた(@nojihata_com)です!

この記事では、WordPressテーマ、SANGO購入方法を一からわかりやすく解説していきます。

一通り読み進めることでSANGOを使える状態までセットアップすることができます。

SANGOについて

SANGOサルワカの運営者、サルワカくんが提供する有料WordPressテーマです。

販売者サルワカくん・SANGO開発チーム
公式サイト(デモ)https://saruwakakun.design
価格¥14,800(税込み)
価格(ConoHaで購入)¥14,000(税込み)
購入方法boothまたはConoHaで購入
サポートフォーラム・お問い合わせフォーム・SANGO Landで要望受付

※ConoHaで購入・割引を適用する場合WINGパックで3か月以上契約が必要

SANGOの購入方法は2通り

SANGO の購入方法は2通り。BoothかConoHa WINGのどちらかで購入します。
どちらで購入してもOK。すべてのレンタルサーバーでSANGOを使うことができます

のじはた
のじはた

ConoHaで購入したらConoHaだけでしか使えないということはありません

比較

Booth

  • 定価(¥14,800)
    割引なし
  • どのサーバーでも使える
  • 自分でインストール・手動

ConoHa WING

  • 定価(割引あり)
    割引適用時¥14,000
  • どのサーバーでも使える
  • 自動インストール・適用

※ConoHaで購入・割引を適用する場合WINGパックで3か月以上契約が必要

①Boothから購入

Boothのサイトにアクセスし、カートに入れ購入します。

BOOTHにアクセス

まずは販売ページにアクセスしましょう。

アクセスしたら、カートに入れるボタンをクリックします。

ショッピングカート画面に移動するので、このショップのレジに進むをクリックします。

アカウントを作成

BOOTHではPixiv IDを利用して登録します。
アカウントを作成するか、ログインします。

BOOTHを使うにはPixiv(ピクシブ)IDが必要です。

pixiv IDを作って購入を押してアカウントを新しく作っていきましょう。

アカウントの作成画面です。メールアドレスとパスワード、またはGoogleなどのソーシャルログインが使えます。
ソーシャルログインは管理しやすいのでとてもおすすめです。

新規ログインができたらニックネームや性別、誕生日を設定します。

「私はロボットではありません」と利用規約に同意してアカウントを作成しましょう。

これでアカウント作成は完了です。

SANGOを購入する

ログインができたらお支払方法を選びます。

  • PayPal(クレジットカード・銀行払い)
  • クレジットカード決済
  • 楽天ペイ
  • 銀行・コンビニ決済

決済が完了したらダウンロードができるようになります。

SANGOをダウンロード

SANGOの購入が完了しました。テーマファイルをダウンロードしましょう。

注文詳細画面の一番下に表示されているsango-theme-〇〇をダウンロードします。

テーマファイルはzip形式でダウンロードされます。

そのままアップロードするので解凍する必要はありません。

これでダウンロードは完了です。

SANGOをインストール

ここからはWordPressにSANGOをインストールしていきます。
まずはWordPressの管理画面に行き、外観 > テーマ を選択します。

新規追加を押します。

次にテーマをアップロードを押し、先ほどダウンロードしたテーマファイル(zip形式)をそのままアップロードします。
今すぐインストールを押せばインストールが始まります。

あとは有効化を押せばSANGOをすぐに使える状態になります。
これでインストール手順はすべて完了しました。

のじはた
のじはた

次の記事では最低限やっておきたい設定などをまとめていきます!

②ConoHa WINGから購入

SANGOは2020年4月からConoHa WINGと提携していて、WINGパックを利用することで割引価格で購入することができます

のじはた
のじはた

高性能なConoHa WINGとSANGOを合わせて購入できるので手軽で非常におすすめです!

SANGOはConoHa WINGと提携している

まずはConoHa WINGにアクセスします。

申し込みページの下部にある今すぐお申込みをクリックします。

アカウントを作成・ログイン

初めて利用する場合は左側の欄に「メールアドレス」と「パスワード」を入力します。

過去にConoHaを使ったことがある方は右側の欄からログインをしておきましょう。

プランを選択

続いて契約するプランを選択します。
「通常プラン」と「WINGパック」の2種類あります。

WINGパックについて

WINGパック3か月以上サーバーを契約することでサーバー代やテーマ代が割り引かれるサービスです。
長く使おうと考えている方は積極的に活用するのがおすすめです。

例えばSANGOであれば、WINGパックを利用することで14,000円(税込み)で購入することができます

今回はWINGパックを選択して契約します。

契約期間サーバーを契約する期間(最低3か月)
プラン上位プランほど性能が高くなります。
迷ったらベーシックがよいでしょう。
初期ドメインあまり使うことはないかと思いますが、公開してもよい文字列を設定しましょう。
サーバー名公開されません。わかりやすい名前を付けておきましょう。

続いてかんたんセットアップを設定します。

かんたんセットアップを利用すればめんどくさい設定なしに、すぐWordPressを使い始めることができます。

独自ドメインWINGパックでは独自のドメインを2つまで無料で取得できます
自分のサイトアドレスにしたい、好きなアドレス名を入力します。
作成サイト名自分のつくりたいサイト名を入力します。
後からでも変更できるので深く考えず入力しておきます。
WordPressユーザー名WordPressにログインするときに使うユーザー名を入力します。
WordPressパスワードWordPressにログインするときに使うパスワードを入力します。
再設定は可能ですが忘れないようにメモをしておきましょう。

最後に使いたいテーマを選びます。

WINGパックで割引が適用されていることを確認し「SANGO」を選択しましょう。

お客様情報を入力

名前などをすべて入力します。基本通知はすべてメールで届くので郵便物が家に来ることはありません。

続いて電話認証を行います。
スマホなどの電話番号を入力してSMS認証を押します。

すぐに番号の書かれたメッセージが送られてくるので入力して認証は完了です。

固定電話しかない場合は、固定電話の番号を入力して電話認証をしましょう。

お支払方法を設定

最後に支払方法を設定します。

  • クレジットカード決済(都度決済)
  • ConoHaチャージ(前払い)
    👉Amazon Pay・PayPal・銀行決済・コンビニ決済が利用できます

最終的な金額を確認してお申込みを完了させましょう。

独自ドメインを設定

WINGパックではドメインを2つまで無料で取得することができます

詳細はサポートサイトから確認できます。

インストールが完了すると下のようなポップアップが表示されます。
この時点で既にSANGOはインストールされています。すぐにログインして使い始められるようになっています!

ConoHaサポートサイトより引用

管理画面にログインしてみる

サイトアドレスや管理画面のURLは「サイト管理」👉「サイト設定」の中にある管理画面URLを確認します。

ConoHaサポートサイトより引用

さきほど設定したWordPressユーザー名・WordPressパスワードを入力します。

これでWordPressでSANGOを使い始めることができます。

これでインストール手順はすべて完了しました。

コメントを残す

コメント欄は記事内容の質問などにご活用ください。すべての質問にはお答えできませんので予めご了承ください。
テーマのリクエストや機能の質問はSANGOフォーラムに直接ご質問ください。